骨が少ない場合

インプラント

歯を失った場合の治療にも色々な種類がありますが、できるだけ本物の歯に近い仕上がりを得たい場合にはインプラントが向いています。とはいえ、この治療では顎の骨に人工歯根を埋め込むことになりますので骨の量が不足していると治療を受けられないこともあります。そのまま埋め込みを行った場合も短期間で脱落してしまうリスクもあり、入れ歯など他の治療を薦められる可能性もないわけではありません。かつては骨の量が不足していると、インプラント治療を受けられないということが一般的でしたが、治療も日々進化しており、現在は骨移植で骨量を増やしてから埋め込みをすることも増えてきました。治療前には精密検査がありますので、それにより治療が可能であるかどうかが判断されます。骨の量に問題がなければそのまま治療を進めていくことができますし、不足している場合はまずは骨を増やす治療が検討されます。歯周病が進んでいる場合は骨の量も減少しやすいので、歯周病への対策も考えていきましょう。

骨を増やす治療方法を知る

インプラント

骨の量が不足していると判断されたら、入れ歯やブリッジなど別の治療方法を選ぶことも可能ですが、入れ歯では安定性がない、見た目が良くないと不満を感じる人もあります。骨の量を自然に増やすことは困難ですが、現在は骨移植の治療も進化していますので、どうしてもインプラントで歯を作りたいという人はこうした治療も検討していきたいところです。骨を増やす治療にも自家骨で治療を行うこともあれば、異種骨や合成代用骨で治療を進めていく場合もあります。まずはそれぞれの治療の特徴を知っておきましょう。自家骨はその名前の通り、患者本人の骨を採取し、治療部位に移植する方法です。異種骨は動物の骨を使用した治療で、合成代用骨はハイドロキシアパタイトなどの人工の補填材料を指します。移植の治療を行うと顔に傷が残らないかも気になるところですが、こうした治療は口の中から行いますので、表側に目立つ傷が残る心配はありません。骨の量が十分になったところにインプラントを埋め込むとしっかりと定着し、長期に良い状態を保てることが期待できます。こうした治療を成功させるためには骨移植でも高い評価を得ている歯科医院を選ぶことが大切です。こうした治療を受ける際は、各歯科医院でどのような治療が提供されているのか骨移植でも豊富な実績を持つ歯科医院であるかはよく確認しておきましょう。治療後の不具合に備えて長期保証やアフターケアがしっかりしている歯科医院を選んでおくとより安心です。

広告募集中